カテゴリー: 人材

Society5.0時代に求められる人材と企業の有り方(経団連編)

経団連様のSociety5.0関連の資料からの引用です。

採用と大学教育の未来に関する産学協議会中間とりまとめと共同提言で、Society5.0時代に求められる人材という資料がありました。

・課題発見・解決力
・未来社会の構想力・設計力
・論理的思考力と規範的判断力(リベラルアーツ)
そしてこれを支えるリテラシー
良い指摘だと思います。

出典:経団連ホームページより

https://www.keidanren.or.jp/policy/2020/022_gaiyo.pdf

 では企業側はどうしたらと思い、探してみました。


 「失敗を恐れず挑戦」と言われても、会社内で課題解決に失敗すると評価が悪くなるのではなかなか挑戦できませんよね。アメリカのベンチャーは失敗していないと投資してもらえないという話も聞きます。
 
<企業における人材育成の3つの課題>
・課題1:前例主義的な意識や内向きの組織文化の改革
・課題2:会社主導により受け身のキャリア形成からの転換
・課題3:デジタル革新を担える胆力の向上

出典:経団連ホームページより

https://www.keidanren.or.jp/policy/2020/021_gaiyo.pdf

 皆さん、お気づきの様に、この指摘は新しい様でSONY様やHONDA様の創業時に掲げていた事とあまり変わらないのではないでしょうか?

変わってしまったのは、我々の方かもしれませんね。

IT・AI化時代に求められる人材は?

 今後求められる人材は、創造力や発想力はもちろん、これに加え、経営スキル、マーケティングスキルを併せ持っている人が求められるという事です。

 純粋に技術のみのエンジニアは、給料は上がりにくいという事ですね。知財の人も同じかもしれませんね。

(ニーズエクスプローラでは多角的にニーズを調査しています)

出典:未来投資会議(第37回) 配布資料 
https://www.kantei.go.jp/…/miraitoshikaigi/dai37/siryou1.pdf (P33、34)