テレワークの実施状況を見て

5月 20, 2020 NEWS

首相官邸ホームページで、テレワークの実施状況が発表されました。アフターコロナでは、これから働き方が大きく変わっていく事も考慮して、ビジネスを考えていく必要がありそうですね。

 テレワークを実施したのが7都道府県で約4割、収束後に約半分が継続を希望しています。通勤時間が無くなる、通勤ラッシュの混雑緩和の影響(例、車を使う必要のある人の仕事場までの移動時間短縮)を考えると、相当の効果が見込めるのではないでしょうか。

テレワークが困難な理由が、「印鑑などでインターネットで完結出来ない作業」というのは…。 感染症の第二波、第三波も予想されています。その手の業務は、早急に見直す必要があるでしょう。

出典:首相官邸 未来投資会議(第38回) 配布資料 令和2年5月14日 より

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai38/siryou1.pdf

投稿者: needs explorer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です